ボーカロイド&UTAUシンガーと紡ぐ歌と、関東圏の鉄道をこよなく愛する? 恐らくは世界で一番いい加減な人を目指して生きている人のホームグラウンド。よい子の皆は絶対に真似しないでねorz
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手する
 …で、この曲は誰が作ったの?
2009年06月02日 (火) | 編集 |
とうとう私のポンコツ具合も相当進んだようで…

…自分で作ったはずの曲が、もはや自分で作った感がなくなりつつある…orz
例えれば、誰か他の人が作った曲のアレンジを任された感じ。

しかもたちが悪いことに、
普通の作曲者と編曲者の関係というのは、編曲者が分からないことがあれば作曲者に相談したりもできるが、
今の私の状況は、さながら作曲者が編曲者に曲を手渡した直後に失踪したようなもの。

『お~い、帰って来いお前、そして俺…』

この部分はどういう意図でこうなっているのかとか、自分自身で全く覚えていないのである…orz
たった2か月前のことなのに、まぁ見事に記憶が吹っ飛んでいる。


結局今の自分の思考で伴奏を作っているのだが、本当に何でこんな風になっているのか分からないところだらけ。コード進行のでたらめさ加減に閉口しつつ、これでは成り立たぬとばかり手を加えたら、更にセオリーの遥か外側をさ迷う羽目に…orz


しかしここまで来ると、自分ならざる者の力を借りて(あるいは乗っ取られて)曲を作っているのではと本気で疑いたくなる。
霊的なものは信じないのだが、ミューズ様のお告げなのか、あるいは別人格のなせる業か、はたまたエタノール・エンジンの力か…この際、曲が作れるなら何でもいいが、後で思い出せないのだけは困りもの。


…過去の私、頼むからせめてメロディとコードの制作経緯を教えてくれ……
関連記事
スポンサーサイト

拍手する
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。