ボーカロイド&UTAUシンガーと紡ぐ歌と、関東圏の鉄道をこよなく愛する? 恐らくは世界で一番いい加減な人を目指して生きている人のホームグラウンド。よい子の皆は絶対に真似しないでねorz
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手する
 Vocaloid MIDI を少し研究してみた。
2009年08月05日 (水) | 編集 |
何だかよく分からないものの、せっかくインストールしたので、VOCALOID VSTiを使ってみようと思い、めぐろがわ楽団技術部第22課の総力を尽くして解析。


ちなみに、めぐろがわ楽団技術部は第78課まである、らしい。
そしていずれも、物凄く低能…orz


で、その結果。


使えねぇ…OTZ


何度やっても歌わねぇし、ノイズすら出ない。
設定は全て確認したし、手順通りになっているはず…。


結局、お手上げのまま、とりあえずこれは公式サイトだ、とCrypton社のサイトに行くと…。


『VOCALOID 2 VSTi』の対応ホスト…Cubase、SOL2、SingerSongWriter8…。

SONARが入っていない…=Music Creator 4 も対応していない、とは…orz


あ~あ、…徒労。


しかし、意外にもDomino+VST Hostのフリーソフト組み合わせではちゃんと音が出た。
ノイズ乗りまくりだったが…。

しかしまぁ、DominoでVOCALOID MIDIを呼び出したところで、パラメータの変更は相当な手間のようだし、結局VOCALOID MIDIってのは私の脳と技術と装備ではとてもコントロールできる代物ではないことが、よく分かった。

何でこんなことをやっていたのかというと。

もしかしたら、各パラメーターをDominoで制御できれば、フリーハンドに頼っていた数値の変移をある程度テンプレート化できるのではないか、と考えたから。
これが可能になれば、半自動的にそこそこうまく歌えるレベルまでもっていき、微調整の時間を節約できるのではないか、と思ったのだが。

まぁ、世の中上手い話はなく。


結局、Dominoで(多分、他のシーケンサーでも)出来るのはVEL、DYN、PITの調整だけなのだなぁ。

まぁ、自分の場合動かしているのはほとんどこれだけだし、あとはたまにBRIとCLEを多少動かす程度なので、余り変わらないのだけど。


というわけで、めぐろがわ楽団技術部第22課の挑戦はあっけなく終わったのであった。OTZ
関連記事
スポンサーサイト

拍手する
コメント
この記事へのコメント
さっきひょんなことからDominoをインストールしましたw
これからはDomino使いになると思われます!がんばります。
2009/08/06(木) 20:52:59 | URL | rebecca #-[ 編集]
> rebecca さん

お、Domino使いの仲間入りですねw
多分、Dominoって有料DAWのシーケンサーよりも高性能で使い易いので(少なくともうちのMC4よりもずっと便利w)、作編曲にかなり強力な味方になってくれると思いますよ。
頑張って下さいね。
2009/08/06(木) 23:11:56 | URL | udagawa901 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。