ボーカロイド&UTAUシンガーと紡ぐ歌と、関東圏の鉄道をこよなく愛する? 恐らくは世界で一番いい加減な人を目指して生きている人のホームグラウンド。よい子の皆は絶対に真似しないでねorz
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手する
 12月1日だよ…(内容とは全く関係ないが)
2009年12月02日 (水) | 編集 |
唐突だが、私は高校時代物理が苦手で、しかも2年生から文系のクラスに入ったので、『波』に関する物理のことをほとんど理解していない。
そんなものだから、音楽に関して、特に音というものを考えてみようとすると、途端にこんがらがってしまう。
今日も、一体↓のような波形が、どうやったら声や様々な音が混じった『音楽』に聴こえるんだろう?などということについて1時間ばかり考え込んでしまった…。
WS000020.jpg
スピーカーから鼓膜に届くこの音の波から、頭の中で楽器の音や声の波形を拾い出して、それを音楽として再構成しているんだろう、というのが私の理解なのだが、よくもまぁそんな器用なことが出来るよなぁ、というのが率直な感想。

まぁ、この程度の頭脳の持ち主なのだorz

その程度の頭脳の持ち主が、何となく『スペクトラム・アナライザー』を使って、色々な声にどんな感じで倍音成分が含まれているのかを見てみた。
何でそんなことを、というと、前に何かで聞いた、『倍音成分が多く含まれるほどきらびやかな声、少ないとやや籠った感じの、いわゆるハスキーな声になる』というざっくりした話を思い出したからなのだが。

ちなみにスペクトラム・アナライザーとは、その音にどの周波数の成分が、どれ位含まれているかを表示するメーター、という感じのもの(と、私は理解している)。
たとえば倍音成分を含まない、周波数440Hzの正弦波はこんな感じに表示される。
440Hz








丁度440Hzの所だけに波が表示される。これがシンセのトランペット(GeneralUser GS Live-Audigy v1.43というサウンドフォントセットに入っているもの)だとこんな感じ。
あ、言い忘れていたけど、今回は全部『A4』で音を鳴らしている。
Trumpet







440Hzを基音に、880Hz、1320Hz、…と倍音が綺麗に並んでいる。

ではボカロはどうだろうかというと。あえてエディターから出力しただけの、『素』の声を見てみると、
初音ミク
Miku








巡音ルカ
Luka








Prima
Prima







倍音成分の分布の比較だが、ミクはかなり高音成分が多く、ルカとPrimaは比較的少なめ。この二人がハスキーボイスに聴こえるのはこの辺からきているのだろうか。
ところで、見ても分かる通り倍音成分がかなり飛び飛びになっている。特にルカとPrimaはこんな倍音分布で人の声が再現できるの?と思ってしまう位。まぁ実際できているわけだが、あるいはボカロの声はエフェクトをかけることが必須というのはこの辺からきているのかもしれない(よく声の奥行きがないとか言われるし)。
そこで、ミキシングで使うエフェクト一式を通すとこんな感じになる。
初音ミク・ミックス後
WS000021.jpg







かなり高周波域の倍音を盛った感じ。

比較の為、生声はこんな感じ。
udagawa901







…何じゃこの死にそうな声orz 無理矢理440Hz目指して喉絞ったらこんな有様。しかも220Hzから入ってるし…orz
まぁ明らかに音痴であるのが2秒で分かるサンプルだが、これでも結構な倍音成分を含んでいる。

さて、気を取り直してorz ではUTAUではどうなるかというと。
桃音モモ(連続音音源)
Momo







比較的高い倍音成分が多く、やはりこれが声にも表れていると思う。
ボカロ同様、これもUTAUから出力しただけの『素』の声だが、かなりエフェクトがかかった感じになっている。これは恐らく収録した『中の人』の素の声にエフェクトをかけて音源を作成した上に、UTAUからWAV出力する時にも何らかのエフェクトがかかっている為と思われる。

違う声質ではどうか。
雪歌ユフ(連続音音源)
Yufu







ウィスパーボイスが特徴のユフは、落ち着いた感じの声、つまり高音成分が比較的少ないというのがここに表れているような気がする。

高い声の代表はこんな感じ。
楓歌コト(連続音音源)
Koto







基音の比率がとても小さく、相対的に高い倍音成分が目立つのが、この高い声を生み出しているのでは。

もう一人高い声。
重音テト(連続音音源)
Teto







コトほどではないにしろ、やはり基音より倍音成分のピークが高く、高音よりであることがうかがえる。


と、ここまで長々と書き連ねてきたが、実際にはもっと詳しく分析しないと関係性は分からないだろうし、実際似た分布なのに声質が明らかに違うなんて言うこともある。
この辺のこともこれから勉強していこうかと思っているのだが、いかんせん基礎知識の習得から入らないととても理解できないような気がする…orz

まだまだ勉強が足らんね。
関連記事
スポンサーサイト

拍手する
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。