ボーカロイド&UTAUシンガーと紡ぐ歌と、関東圏の鉄道をこよなく愛する? 恐らくは世界で一番いい加減な人を目指して生きている人のホームグラウンド。よい子の皆は絶対に真似しないでねorz
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手する
 「鉄の蛇」
2009年03月07日 (土) | 編集 |
鉄の蛇とは?・・・私の勝手な造語。

例えばこんな光景↓ 2007年7月17日 与野駅 4073列車P1010915.jpg

長く連なる貨車の列。貨物列車のこと。

無類の貨物列車好き、とまではいかないが、貨物が好きである。物流関係者でもないのに「JR貨物時刻表」を購読している位だけど。

貨物列車の魅力とは?何だろうか。私としてはその力強さというか武骨さというか、当たり前だけど客の乗るところはない、と人を突き放しているような硬いイメージが好きなのかもしれない。あるいは鉄の塊という雰囲気が。

あと、積み荷が一目では分からないというのもミステリアスで素敵だとか。
(まあ、上のタンク車なんかだと側面にでかでかと「ガソリン専用」とか書かれていて即判明だが、積んでいるかどうかは分からない。もっとも、進行方向によって大体見当はつくんだが⇒関東だったら東京湾から遠ざかる方に向かうのが大体積車)
↓のコンテナなんて何積んでんのかすごく気になる(エンジン動力の冷蔵コンテナ)
P1010995.jpg
確かこの列車は前日に札幌貨物ターミナルを出発した奴だったので、北海道の海の幸か野菜でも積んでいるのかもしれない。・・・なんて勝手な想像を巡らすのが面白い。

地味で、武骨で、華のない貨物列車。その素気なさに惹かれる。

間もなくダイヤ改正。「富士・はやぶさ」廃止、「ムーンライト~」2本の季節化など旅客は寂しい話題もあるが、貨物はEH200の運用範囲拡大など明るい話もありそう。

では、最後に貨物列車の迫力あふれる?動画を。2007年4月28日 千葉みなと駅にて 貨物列車は加速減速が苦手なので、駅でも基本制限速度ぎりぎりで走る。この時はホームの屋根の柱に背中を張り付けて風圧に耐えようとしたのだが、EF66の突進にちょっと揺さぶられてしまった。90km/hは出ているだろう。

関連記事
スポンサーサイト

拍手する
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。