ボーカロイド&UTAUシンガーと紡ぐ歌と、関東圏の鉄道をこよなく愛する? 恐らくは世界で一番いい加減な人を目指して生きている人のホームグラウンド。よい子の皆は絶対に真似しないでねorz
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手する
 ある休日
2010年03月16日 (火) | 編集 |
ツイッターをやっているとブログ更新が疎かになる罠。

というわけで久々に何でもない1日のことをつらつらと。
免許の更新に行った日のこと。


免許センターで適性検査(視力測定)の行列に並ぶこと1時間、立ちっぱなしで腰が限界orz


手にした更新免許は、話に聞いていた通り『普通』が『中型(8t限定)』に。結局、運転できる車に変わりはないのだが、試験もなく免許の種類が変わるのは少しばかり得した感じ。
ちなみに、今回の更新でゴールド免許連続3期目に突入。


とりあえずその後やることもないので、意味もなく電車に乗って東京駅へ。

東京に到着後、京葉線ホームのコンビニでおにぎりを購入し、ベンチで遅い昼食。

東京駅といえど、日中の京葉線ホームは余程のことがない限り、驚くほど人がまばらになる瞬間がある。ほとんど間なく電車が止まっていて、機器の騒音や構内アナウンスが響き渡ってはいるが、そういう時には不思議な静寂を味わうことが出来る。そんな中でコンビニおにぎりを食う瞬間は私にとっては至福のひと時だったりする…。
なお、これと同じような状況が味わえるところとして、上野駅の地上ホーム(13~16番線)、品川駅の臨時列車ホーム(7~10番線)を挙げておく。無意味な日帰り旅行の合間に、こういったところで一服していたりする。


昼食の後、意味なし遠回り一筆書き旅行(これ)に関連した乗り換え時間の実地実証の為、京葉線ホームから総武・横須賀線のホームまで歩く。
東京駅を利用した人なら知っているだろうが、京葉線ホームは東京と有楽町の間辺りの、しかも地下30m位にある。一方総武・横須賀線ホームは丸の内口の駅前広場の真下、これまた地下26m位のところにある。おまけにこの間は地下でつながっているわけではなく、一旦地上まで上がってからまた下りなきゃならない(書いているだけで面倒臭い…)。
まぁ、上るのと下りるのは延々長いエスカレーターがあるし、京葉線ホームへの通路には動く歩道もあるが、横方向への移動は足を使わなければならん。

で、結果。かなりのローペースで歩いたにも関わらず、14分で乗り換え可能だった。そう言えば以前、中央線ホームから京葉線まで9分で乗り換えられたこともあったし、一応12分で乗り換え時間を設定すれば十分かという結論に達した。

その後総武快速に乗って帰路につく。途中、錦糸町の駅から建設中の東京スカイツリーの姿を見て驚愕。こんなところからこんな風に見えるのか…。業平橋と錦糸町や亀戸辺りは意外に近いもんだなと実感した。


で、帰宅。


…つくづく暇人だなおい OTZ
関連記事
スポンサーサイト

拍手する
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。