ボーカロイド&UTAUシンガーと紡ぐ歌と、関東圏の鉄道をこよなく愛する? 恐らくは世界で一番いい加減な人を目指して生きている人のホームグラウンド。よい子の皆は絶対に真似しないでねorz
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手する
 詞が先か、曲が先か
2009年05月16日 (土) | 編集 |
何度か同じことを書いているが。
はじめに歌詞ありきか、曲ありきか、で時々考え込む。


全く新しいメロディの降りてくる気配がないので、では歌詞を読んでイメージを膨らまそう、とピアプロのコラボに行ってはみたものの。

「この歌詞、構成がいいなぁ」とか「いい世界観だなぁ…」などと力作に感心するばかりで、肝心のメロディは断片すら浮かばない有り様 orz

結局、こういう時は私の作曲能力が歌詞の世界に及んでいないのだから、それはもう仕方ないし現状では諦めるしかないのだなぁ、と思うのだが。


しかし、それでも天使か悪魔の導きによってメロディが降ってきたか湧いてきたか、したとする。
今までは、その時点でダメもとで作詞家さんに曲をつけさせて下さいとお願いし、ダメなら謝って逃げ帰ってくるというつもりでいた。
が…


とあるところで聞いた話。

作詞家が、自作の歌詞に曲募集をしたところ、一人の作曲家が応募してきたのだが、その曲の余りに低レベルなこと…。でも他に応募がなかったので断り切れずに採用したところ、案の定出来上がりは最悪で、作詞家は凄く落胆した、という逸話。

もしそんなことになったとしたら、私も作詞家さん以上に落胆するだろう。
うわぁ、やっちまった…何か応募したこと自体にごめんなさい…という感じになるだろう…想像しただけでキツイわ orz

そうなる位ならいっそ「あんたの作風は嫌いだから私の歌詞に曲応募しないで」とか「お前が俺の歌詞に曲つけるなんて10年早いぜ!」と予め宣言してくれた方が余程ありがたい(凹むけどさ((泣


凄く虫のいい話かもしれないけど、反対に作詞家さんに作曲家を指名してもらうというのが、お互いに幸せになる一つの方法じゃないか、と考えてみたりもする。


でもこれは墓穴。


誰も自分を指名してくれなかったら、どうする?


二度と立ち上がれないかも orz orz orz ……
関連記事
スポンサーサイト

拍手する
コメント
この記事へのコメント
Udagawaさん指名で歌詞を書いてみたいものですw
でも指名するなんてますますプレッシャーです無理です。笑
私このあいだ昔Udagawaさんがいっていた
自然とメロディーが思い浮かぶような詞を発見したんです><
曲にしたいなぁと思ったのですが、報告はできずw
何年かして上達したらやりたいですけど(笑)、そのころには忘れちゃってますよね、作詞家さんもw
うーん難しいです。だから詞も自分で書きます。。笑
そうすると、コラボ内にはUpしちゃいけないのかな、と悩んでしまうのですが。。どうなんでしょうか。。。
2009/05/17(日) 02:58:45 | URL | Rebecca #-[ 編集]
そういう話聞いちゃうと余計に
曲募集の歌詞に触れなくなっちゃいますね…(=ω=;)

例えば完成された詞ではなくて
テーマとなるフレーズだけをいくつか渡してくれるやり方だと
また全然違ってくるんですけどね~。

世界観は良いけど字数あってねぇ…とか
このフレーズは音降りてきたけど続きが…とか
そういうので音屋から敬遠されてる、
埋もれるには勿体なさ過ぎる素晴らしい詞が
い~~っぱいある気がします。

せっかくコラボにいるんだから一緒にやりたいのは山々だけど…。

難しいですね。共同製作は。
2009/05/17(日) 04:13:13 | URL | うたたね #mQop/nM.[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/05/17(日) 23:48:32 | | #[ 編集]
よりベターなコラボレーションの形って…
> うたたね さん

そうですねぇ~。そういうやり方もアリですよねぇ。
一応、私も作詞も何となくやっている人間なので、キーワードというか、断片的な言葉から歌詞の世界を広めるというようなことも、出来るような気もするんですよねぇ。
まぁ、それを作詞家さんが受け入れて下さるかどうかは別ですが。

前にもここで書いたのですが、作詞家さんはメロディの断片を持っていて、作曲側も歌詞の断片からその世界観を膨らませることが出来て、というような、作詞・作曲に囚われない形のコラボレーションが出来たら、また新しい世界が開けるのではないかと、そんな気もするんですけどね。

作詞家さんも、結構作曲の勉強をされている方が多いみたいなので、決して不可能ではないような気もします。あとは、こちらの努力次第というか。

何にせよ、まずは作曲の腕を磨くことが先決ですねぇ… orz
2009/05/18(月) 00:32:30 | URL | udagawa901 #-[ 編集]
Re: むしろ積極的にアピールw
> Rebecca さん

とりあえず、思い切って作詞家さんに一度報告しておくといいと思いますよ。
そうすれば即OKとなることだってあると思います。少なくとも、忘れられることにはならないかと。

たとえ作詞・作曲を自分で手掛けたとしても、メンバーの皆さんの意見を聴くということが出来るのですから、コラボにUPするのはOkだと思いますよ。絵師さんがイラストを描いて下さるかもしれませんし。


……Rebeccaさんに指名されたら、私の方がプレッシャーで泣いて逃げ出しますwww
歌詞の世界に相応しいメロディを書けるように修行せねば…。
2009/05/18(月) 01:05:17 | URL | udagawa901 #-[ 編集]
Re: 色んな方がいらっしゃるということで…
おっしゃる通り、大多数の方はそう思われていると思います。
今回取り上げたのはごく稀なケースということで。但し、実際にこういう方もいらっしゃるので、それを念頭に置いた私なりの考え方ですので。

実際、本気でプロを目指している方はパートナーにもそれなりの資質を求めるのは当然ですし。作詞家さんも、心をこめて作り上げた歌詞とその世界観は、言ってみれば「我が子」のようなものですから、それをないがしろにしてくれるな、という気持ちは分かります。
(作曲担当も、自分の作る曲に大なり小なり思い入れがあるのですから、いい加減な気持ちでやってくれるなと。そういう思いは誰しもあるとは思います)
で、そういう方の歌詞は概して素晴らしい作品なので、下手な作曲家がつい曲をつけさせて下さいとお願いに行って、互いに不幸になったという…そんなエピソードです。


ん?経験談?
…私は、ばっさり切り捨てられましたwww 「100年早いわ!」てねwww
(かなり前の話ですけど)
2009/05/18(月) 01:22:27 | URL | udagawa901 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。